蓄膿症と口臭

蓄膿症を知りたい

蓄膿症と口臭/蓄膿症について

蓄膿症と口臭について

蓄膿症にかかっている人の中で、口臭がするという人が多く見られます。理由はなぜかというと呼吸の方法に問題があります。蓄膿症にかかっている人たちは無意識のうちに呼吸を鼻ではなく口でしているからです。口呼吸と鼻呼吸の両方をしている人は口臭が多いようです。それに加えて蓄膿症にかかっているのであれば、鼻臭もあります。


スポンサードリンク

口の中が乾燥してしまう

なぜ蓄膿症が口臭につながるのかというと蓄膿症の治療に用いられる治療薬は唾液の分泌を抑える働きがあり、口の中を乾燥させてしまう働きがあります。そのため唾液の分泌量が減ってしまいます。加えて、口呼吸のため口腔内が乾燥してしまい結果として口臭がするようになります。この口臭は自分でも確認できるくらいの強い臭いとなってしまうようです。

口腔内にも膿がたまる

蓄膿症になると、鼻がつまるだけではなく、鼻水も出てきます。その鼻汁が喉や鼻腔に溜まってしまうと、そこでまた炎症を起こし、細菌が繁殖して膿が溜まってしまいます。その結果、その膿が原因で強い口臭を放つようになってしまいます。したがって蓄膿症の人はなるべく口呼吸を控え、鼻水を鼻腔内や喉に溜めないようにしましょう。この場合にはまず、耳鼻咽喉科に行って蓄膿症の治療をすることから始まります。

スポンサードリンク

蓄膿症について

リンク集

Copyright(c) 蓄膿症を知りたい!(症状や治療など) All rights reserved .