子供の蓄膿症

蓄膿症を知りたい

子供の蓄膿症/蓄膿症について

乳幼児期の副鼻腔炎

乳幼児期には副鼻腔が未発達で、風邪などでもすぐに副鼻腔が細菌に感染し、炎症を起こします。炎症が起こると副鼻腔に膿がたまり、鼻が詰まって呼吸がしづらくなったり、緑色や青色の膿のような鼻水がたくさん出てきます。膿の量が増えてくると頭が重くなったり、痛くなったりして機嫌が悪くなってきます。このように、風邪などで急に起こった副鼻腔炎を「急性副鼻腔炎」と呼んでいます。


スポンサードリンク

慢性化すると

急性副鼻腔炎のまま適切な治療を受けずにいると、副鼻腔炎が慢性化し「慢性副鼻腔炎」という状態になってしまいます。この状態がいわゆる「蓄膿症」で、膿のような鼻水が出続けます。膿がたまり続けることにより副鼻腔の粘膜がさらに炎症を起こして悪循環に陥ってしまい、ますます症状がひどくなっていきます。ひどくなると副鼻腔にポリープができる「鼻茸」という症状になることもあります。

副鼻腔炎の治療

副鼻腔炎の治療は、まず副鼻腔の粘膜を洗いきれいにして膿を取り除くことです。そのため、鼻の中に薬剤をスプレーしたり、抗生物質や去痰薬などを服用します。それ以外のアレルギーなどの場合は、抗アレルギー薬の点鼻薬や内服薬で治療します。しかし、蓄膿症になってしまった場合、なかなか治りにくくなりますので、少量の抗生物質を長期間内服する方法やステロイドの点鼻薬などを併用して治療していきます。以前は副鼻腔の粘膜を取り除く手術を行いましたが、最近では、子供のうちに手術をすることはほとんどありません。

スポンサードリンク

蓄膿症について

リンク集

Copyright(c) 蓄膿症を知りたい!(症状や治療など) All rights reserved .